「今日も元気ですごせるよう、見守っていてください」と 手を合わせる


母は入退院を繰り返し、
物事もあまり理解できなくなってきてしまっていたので、
その死を聞いてもあまり驚きませんでした。

83歳だったので、「まだ若かったのに」とは
ずいぶん言われましたが、本人はいつも
「好きなことができて、私みたいに幸せな人はいないよー」と
言ってたので悔いはなかったと思います。

でも、やはり葬式のときは辛かったです。
1月の終わり、前日に雪が降って
少し積もった中での葬儀でしたが、
たくさんの方に来ていただけたのは、
とても嬉しかったですね。

「こんなに大勢の人がお別れにきてくれたよ、母さん」と
心の中で語りかけました。

棺の中の顔を見て「ヒサちゃん、お別れだね」と言って
涙ぐむ御婦人が多かったのですが、
両脇に添えられたみちびき地蔵とお供地蔵を見て、
「良かったねー。お地蔵さんが一緒に極楽へ行ってくれるよ」と
少し安心されたようでした。

父は既に30年前に他界しましたが、
その時にはまだ木地地蔵はありませんでした。
もしあの頃に木地地蔵があったとしたら
母も父の棺に入れ、
小さなおくり地蔵を仏壇に置いて、
毎日手を合わせていたにちがいありません。

うちは本家ではないので位牌も仏壇も無いのですが、
空き箱で小さなお堂を作っておくり地蔵を入れ、
居間に置いています。

「今日も元気ですごせるよう、見守っていてください」と
毎日手を合わせることができるのは嬉しいですね。

(50代/男性)