こんにちは、地蔵村 村長の 丸田信之(まるた・のぶゆき)です。

丸田さん画像修正楕円.jpg 地藏村においでくださってありがとうございます。

私は昭和二十九年生まれの六十歳。この歳になると慶事よりも弔事のほうが多くなってしまいます。弔事に行っていつも思うのは、「最後のお別れに悔いを残したくない」、「安心して見送りたい」ということでした。冥福を祈り手を合わせても、寂しくないよう花を周りに敷き詰めても、心から満足できなかったのです。もっとなにかできるんじゃないかと…。


そんな気持ちから、「無事、あの世へ行ってください」という思いを形に表すために、あの世へ導いてくれるお地蔵さまを作りました。

また、亡くなった方が「一人でも寂しくないように」、いつも傍にいてくれるお地蔵さまを作りました。そして、おくる方たちとともに「皆の幸せを祈り続ける」お地蔵様を作りました。

 お地蔵さまは

 いつも、いつまでも

 あなたと あなたの大切な人のそばに 

 いらっしゃいます。



Profile●1954年1 月、川崎市に生まれる。高校時代にラジオ局に出入りするようになり、公開放送に出演していた南こうせつ氏や山本コウタロー氏、赤い鳥などと親交をもつようになる。その後、イラストレーター永田萌氏の千歳烏山にある東京事務所に勤務。1983年から山本コウタロー氏の事務所に勤務。広島平和コンサートの運営等にも携わる。1989年からリサイクル運動に従事し、関東各地でフリーマーケットを開催。草分け的存在として各地でリサイクルについての講演活動も行う。中径出版より「買わない知恵、捨てない工夫」を執筆・出版。
また、幼少のころから路傍のお地蔵さまに深い関心を持ち、仕事で各地を回る中でお地蔵さまがもたらす救いや癒しについて考えていた。2009年、21年間の遠距離恋愛の末、結婚。妻の実家の酒田市(旧飽海郡平田町)にて地藏村を設立。木地地蔵を通じて、おくられる人とおくる人の幸せと、地域起こしを推進する活動をしている。

 

村長が日本中のあちこちを巡り綴る「お地蔵さまギャラリー」▼

村長が日々つれづれに感じる地蔵村での暮らし「村長のブログ」▼