地蔵村 村長の つれづれ日記

地蔵村での日々をつれづれと綴っていこうと思います。
東京での暮らしと山形での暮らし…
まったく違う環境の中で、59歳の村長が感じる生の気持ちです。
更新は随時ということで、お時間あったら覗いてみて下さい。
ご感想などありましたらぜひぜひお聞かせ下さい。
お問い合わせはこちらから▼

えんため大賞

エンターブレイン社というところが「えんため大賞」という

ものを開催していて、私もいくつかの部門の中の

小説大賞というのに応募してみました。

750作品位の応募の中で230作品位の一次選考は通過したんですが

二次選考の23作品には入ることができませんでした。

残念、というよりも「よく一次を通過したな」という感想です。

長い文章を書くのが初めてといっていいですし、小説の

内容は、文字通り「エンタメ」。10代から20代前半向けの、

夢と冒険、あるいはコメディやラブロマンスものが中心です。

ライトノベルっていうのかな? 

読書は好きですけど、今まで読んだことのないジャンルで、

40歳若返ったつもりで書きましたけど、やっぱりどこかに

無理があったんでしょうねぇ…。

でもいい経験と勉強になりました。これからもいくつかの

文学賞にチャレンジしてみます。頭を使っていれば

急激に衰えることもないだろうし、いろいろと想像するのは

けっこう楽しい!

もちろん賞をもらうことはできないでしょうが、趣味のひとつと

してパソコンに向かって文字を重ねていくのは楽しいですよ。

さて、今度はどんな設定で物語を考えようかな。

 

                  2013年7月19日

 

 

ラジオ出演…

先日ラジオに出演しました。オンエアは静岡、新潟、北九州だったと思います。

えらくローカルな番組なんですけど、出演したきっかけは、古ーい友人からの

お誘い。

40年ほど前にラジオ局によく遊びに行っていたのですが、そこで当時、

ラジオ番組製作会社のADさんと仲良くなって、いろいろ世話して

もらってました。その後しばらく疎遠になっていたのですが、23年前に

その製作会社から電話があって、当時私がやっていたフリーマーケットの

取材をしたいとのこと。もちろんOKを出して、こちらから「あのー、

そちらに加藤さんて方、いらっしゃいますか?」と聞いたところ、

「います」との返事。早速替わってもらって互いに旧交を暖めましたが

その後はまたしばらく疎遠に。で、またつい先日、その加藤さんから

「元気かぁ。HP見たぞー」と電話がかかってきて、「おもしろそうだから

お地蔵さんのこと話せ」ということでスタジオに行って喋ってきました。

放送は8分程度だったのですが、話すことがいっぱいあって

30分くらい話してしまいました。

「編集するからいいよ」と言ってくれたものの、山形でも東京でも

聞くことができないのが残念ですが、「今度は庄野真代さんの

番組で話すか?」と言われて帰ってきました。

たしか首都圏での放送なので、そうなったら沢山の人に

木地地蔵を知ってもらうことができるので嬉しいなあ。

 

                          7月17日

なににでも旬っていうのがあるけど、もともと旬っていうのは十日間ってことを

聞いたことがあります。旬に竹冠を付けて筍(タケノコ)。たしかに旬を過ぎて

しまうと大きくなって食べられなくなってしまうのが筍です。

鶴岡の湯田川の孟宗竹は有名すぎるほど有名(一部で)ですけど、今年は

天候不順で例年の半分くらいの収穫しかないんだって。残念!

まあ、ウチでは山へ行って母が採ってくるヒメダケが主で、親指ほどの太さで

10センチくらいのタケノコを、せっせと3人で皮を剥いて調理してます。

天ぷらもいいけど私は軽くゆがいたのをそのままワサビ醤油で食べたり

マヨネーズで食べるのが好き。独特の香りがなんとも言えません。

東京では門前仲町の魚三という店に行っているのですが、ここは魚介専門の

居酒屋で、肉類は合鴨スモーク以外はなし(たぶん)。それも旬の食材しか

出しません。まあ、旬のものが一番仕入れ値が安いってこともあるんでしょうが、

客としては旬を感じさせてくれるものを食わせてくれるのが嬉しい。

2月の鯛、3月の白魚、4月の鰆、5月の鰹、8月下旬のシンコ…。酒がススミマス。

だけど客の中には魚の旬を知らなくて、今の時期にメゴチやキスの天ぷらを

頼んだり、牡蠣を頼んだりするのがいるんですよねぇ。

たしかにメニューには載ってるし(200種くらいある)、養殖や冷凍ものも

あるかもしれない。だけど近海で獲れた新鮮なものはいつ食べるの。今でしょ。

みんな食べ物に関心が無くなってきているのかなぁ。それとも野菜や果物みたいに

何でも一年中あると思っているのかなぁ。

大正、昭和に食べ物を書いた村井弦斎、獅子文六、小島政二郎、北大路魯山人などの

文章に出てくる生鮮食材は、それこそ冷凍も輸入もないものばかり。

さぞかし味の濃い、自然の味そのものだったんでしょうね。今だったらクセがありすぎて

ちょっと口に合わないかもしれませんけど、ちょっと羨ましい気もします。

幸い山菜とキノコに関しては母が山へいって採ってくるので、シドケ、ウルイ、ノビル、

タラノメ、ゼンマイ、コゴミetc…昔の味とそんなに変わってはいないと思いますけどね。

そういえば岡本信人さんも都会に生えてるツクシとか食べたかな。皇居の土手あたりに

けっこう生えているって聞いたことがある。

もうすぐ鮎が解禁になって今年も夏がやってきます。先日テレビでやってたけど、

養殖の鮎はキュウリの匂いで、天然の鮎はスイカの匂いがするんだってさ。

白糸の滝ドライブインの鮎は今年はどんな匂いがするんだろう。

 

                                      2013年5月22日

アースデー東京2013終了

いやー、今年のアースデー東京は天気が酷かった。

4月20日(土)は曇りで、午後から雨。しかも気温13℃で風があって寒い!

21日(日)は朝から雨で5℃。午後になって雨は止みましたけど、気温は

9℃どまり。吐く息は真っ白でゴジラごっこしてるみたいでした。

それでも土曜はテレビの生中継が入ったりしていたので来場者は多く、

関係者としてはホッとしました。

実はこのアースデー、いつも天気には恵まれないんです。両日とも

晴れたのって、あまり記憶にないなぁ。たいていはどちらか雨が降るか

両日とも雨。ひどいときなんか4月20日前後だというのに雪が降りましたもん。

東京でですよ。酒田でじゃないんですよ。

 

あー、でも今年も小さなトラブルはあったけど、大きなトラブルもなく

終了したのでホッとしてます。打ち上げはどこでやろうかな。

 

アースデー

今年もアースデーが4月にあります。私も今から20年ほど前から

アースデー東京に係わっていて、代々木公園では欅並木で7〜8年

フリーマーケットを運営してリユース&リサイクルでたくさんの方に

喜んでもらいました。

ここ数年はフリーマーケットをやらずに飲食店と物販の方を管理

していますが、500前後の店舗を管理するのは本当に大変です。

基本、いい方がほとんどなのですが、中にはこう、視野の狭い人も

いたりして、保健所の許可を取っていないのに食品販売をしたり

(O‐157やノロウイルス、ブドウ球菌は怖い)、大きな音を

出したり、お香を焚いて周囲に迷惑をかけるグループもいます。

注意すると決まって言うのが、

「私たちはいいことをしているのに、どうしていけないんですか」

あのね、貴方たちにとって〈いいこと〉でも、

他人にとっては〈困ること〉なんです。

「杓子定規なお役所仕事みたいだ」と言われようが、

きちんとした決まりごとを守らないと,どんどんグズグズになって

いくのが目に見えてます。

このごろは〈言わなくても分かるだろ=常識〉を理解しないで、

〈書いてないからやってもいい=無常識〉

という人が増えているとしか思えません。

人が2人いれば、そこには秩序が生まれます。

自分が楽しむためにあるのではなく、互いを不快に

させないためにあるのが決まりですよね。

自由には責任が、権利には義務が発生するということを

忘れている(知らない?)のかなあ。

大勢の人が集まるアースデーだからこそ責任と義務を

持って参加してほしいものです。

終活とお地蔵様

いわゆる団塊の世代が65歳を過ぎて、〈死〉というものを

考えるようになってきたのか、最近のマスコミで〈終活〉が

取り上げられています。

勘三郎さんや団十郎さん、坂口良子さんなど著名人の

若すぎる死も多いせいでしょうか、もしかしたら自分も、と

つい考えてしまうのでしょうね。

生あるものは必ず滅するということは、人間に限らず、

生物に与えられた唯一の平等なもの。いや、生物に限らず

宇宙にだって終わりがあるという科学者は多いです。

先日、友人の娘さんに子供が産まれました。名前は「ゆい」。

どんなものにも負けず、元気にすくすくと育ってほしいな。

お祖父ちゃんになった友人は5年ほど前に軽い脳梗塞に

なって、歩くのにちょっと不自由しています。

孫が出来たと知るまでは、「俺はもうダメだよ。生きているうちに

いつ死んでもいいように準備しとかないとな」と言って身辺整理を

すると一緒に、木地地蔵を買って仏壇に供え、毎日手を合わせて

いました。そして子供たちには「俺が死んだらこのお地蔵さんも

柩に入れてくれよ。そうすりゃあの世に迷わずいけるからな」と

いつも言っていたそうです。

ところが孫ができたのを知って、「まだ死ぬわけにはいかねぇ」と

いうことで、木地地蔵には「もう少し長生きさせてください。曾孫を

見るまでとはいいません。なんとか成人式までの20年でいいです

から」と言って手を合わせてると笑いながら言ってました。

孫が産まれて、今日もきっと「お地蔵さん、ありがとう。長生き頼むよ」と

手を合わせていることでしょう。

木地地蔵は故人様だけでなく、手を合わせる人すべてが幸せに届くよう、

微笑んでいます。

終活を考えるときに、「まだもう少し長生きさせてください」と、あなたにも

木地地蔵に手を合わせていただきたいと思う今日此の頃です。

友達

また友達がひとり減ってしまった。

まだ58歳だというのに、「朝になったら冷たくなっていた」と、

ヤツの奥さんから電話があった。

35年ほど前にヤツは盛岡の実家に帰って行ったので

あまり会う機会はなかったけれど、結婚式に呼ばれて、

当時は東北新幹線なんてなかったから、夜行の急行で

8時間くらいかけて行った。ちょうどG・Wで、めちゃくちゃ

電車が混んでいた。たしか4時間くらい前から並んで

いたんじゃなかったかなぁ。

 

還暦が近くなると少しずつ友達が減っていってしまう。

5月だかに45年ぶりで中学校の同窓会があるという連絡が

あったけど、連絡先が分からなくなっていたり、

鬼籍に入ってしまっていたりで、何人くらい

集まるのだろう。

おそらく私は行けないだろうけど、なるべく沢山の同窓生が

集まるとうれしいなあ。

 

 カッパ

口がちょっととんがってるということで、

昔はカッパというアダナの子がクラスに一人はいたんじゃないかな(僕がそうでした)。

→続きを読む

 カッパ少年

実は私も20数年前にカッパを見たことがあるんです。

場所は鎌倉の八幡宮横の道路。季節は夏で、時間は夜の1時過ぎでした。

→続きを読む

 神社

地蔵村の一番近くにある神社です。
が、誰を祀ってあるのかなー? 

→続きを読む

 入道雲

むくむくと湧き上がる入道雲は夏の風物詩です。

地方に限らず東京でもビルの上からもくもくと物凄い入道雲を見ることがありますが、


→続きを読む

 侍(さむらい)

またラーメンの話ですいません。
この店は街中からちょっと外れたとこにあるので車でないと行けません。

→続きを読む

 北の富士

第52代横綱・北の富士! 

もしライバルの玉の海(第51代横綱)が生きていたら…

→続きを読む

 エコエネルギー

「石油が枯渇する」と言われてから何十年経ちましたかね。

その後、いろいろな所で新たな油田が発掘されて未だに無くなる気配はありません。

→続きを読む

 さくらんぼ

6月のルビー・さくらんぼは山形が世界に誇る果実です。
中でも佐藤錦は1級品ですが、超1級品となると値段も1キロ5万円以上と高級牛肉並。 →続きを読む

 羽黒山の五重の塔

羽黒山といえば五重の塔が有名ですが(多分)、
頂上側(出羽三山神社側)から行くとかなりの距離になります。 →続きを読む

 羽黒山の食べ物

周辺の食堂にはだだちゃ団子とか玉コンニャクといった名物はありますが、
あとはどこにでもあるようなソフトクリームとか、かき氷(夏ですが)かなー。 →続きを読む

 羽黒山の滝

下の参詣口から上がっていくと五重の塔の手前に高さ15m位の、
岩肌を伝って流れてくる滝があります。これがなかなかカッコイイ。 →続きを読む

 宿坊

修験道の聖地である出羽三山には宿坊と呼ばれる宿泊所が30ほどあります。
7〜8月にかけては全国から信者が集まり、ここから羽黒山、月山、湯殿山へと向かいます。 →続きを読む

 出羽三山

羽黒山、月山、湯殿山を出羽三山といいます。奥の細道にはそれぞれ
「涼しさや ほの三か月の 羽黒山」
「雲の峯 幾つ崩れて 月の山」
「語られぬ 湯殿にぬらす 袂かな」
という句が出てきます。 →続きを読む

 出羽三山神社

羽黒山419m。月山1984m。湯殿山1500m。
決して高い山ではありませんが、庄内地方のシンボルになる名山です。 →続きを読む

 玉川寺(ぎょくせんじ)

小さい名所、というのかな、玉川寺はこじんまりとした庭園が望めます。
鎌倉あたりによくあるような庭なんですが、 →続きを読む

 おくやみの欄

山形新聞に限らず、地方の新聞には地元の方の「おくやみ欄」がありますよね。 →続きを読む

 酒蔵・竹の露

秋田、山形、新潟、富山、石川と、日本海側は米どころ、酒どころです。
ここ庄内も他所に負けない酒どころ。 →続きを読む

 朝の音

「目覚めたときにはいつでも晴れてる あなたと私の愛のくらし〜」っていうのは、
今から40年近く前の曲。 →続きを読む

 経験

人生は経験の積み重ねだと昔の人は言いました。
成功、失敗を繰り返しながらみんな大人になり、老成していくのだと思います。
→続きを読む

 赤い鳥

高校生の時に「赤い鳥」というフォークグループのファンになって、
今で言う「追っかけ」(言わないか)をしてました(照) 
→続きを読む

 先輩後輩

10代のころ、同年代の友人よりも、年上の社会人(というよりフォークシンガーたち)と
お付き合いさせてもらったせいか、いろいろと勉強になることが多かったです。
→続きを読む

 酒田駅

地方の駅前の衰退は目に余るものがあります。
ここ酒田駅周辺では、駅前のジャスコが閉店となり更地に、
→続きを読む

 シグナルとシグナレス

宮沢賢治の童話に「シグナルとシグナレス」というお話がありました。
鉄道線路の脇に立つ信号機を擬人化した、淡くせつない恋物語だったと思います。
→続きを読む

 東北4大祭り

青森ねぶた、秋田竿灯、仙台七夕、山形花笠とあります。
でもねー、仙台七夕は「祭り」というより「飾り」って感じなんですよねー。
→続きを読む

 空の広さ

住所は酒田市なんですけど、
海からは車で1時間以上かかる山奥です。 →続きを読む

 天の川

芭蕉が奥の細道で「荒海や 佐渡によこたふ 天の川」と詠んだのは、
旧暦6月25日から7月12日までの越後路のことでした。
→続きを読む

 川の音

家の前には幅4mくらいの川が流れています。
残念ながら今はコンクリートで護岸されてしまっていて… →続きを読む

 山の上

地蔵村から車で10分もしない所に眺海の森という、
小山の上の素晴らしく視界のいい場所があります。

→続きを読む

 方言に想う

2009年に結婚して、カミさんの実家のある庄内に来たのだけれど…。
やっぱり言葉が解りません。
→続きを読む

 庄内のラーメン

ご当地ラーメンというのは、
おそらく香川県を除いて全国にあるのではないでしょうか。 →続きを読む

 カメムシ

東京にはいない(見かけたことがない)虫だったので、
→続きを読む

 仙人堂

仙人堂って言われても、大抵の人は「ん?」ですよね。
最上川の川べりにあって、駅でいうと陸羽西線高屋駅になりますが、
川の反対側にあるので渡し舟でないと行けません。
→続きを読む

 歴史のこと

すごいなあ、と思うのは、千何百年も前からの歴史(建築物)がちゃんと残されていて、
それが今でも観光スポットとして人気があることです。
→続きを読む

 電車

電車に乗るのが好きです。
地蔵村から鳴子の工房に伺うときも大抵は電車にしています。
→続きを読む

 地蔵村まで

清川駅から地蔵村まで車で15分。
直線距離だと10q位なんですけど、曲がりくねった山道を行くので13qくらいになってしまうのかな。
→続きを読む

 近所の山

地蔵村から右に5分ばかり歩くと、もうそこは山の中…。
反対側に5分ばかり歩くと小林温泉という小さな小さな施設もあるんですけどねー、
→続きを読む

 鳴子

お地蔵様の生まれ故郷の鳴子です。
駅に着いていちばんびっくりするのは、そのニオイ。 →続きを読む

 地蔵堂

お地蔵様で仕事をさせていただいているせいか、
小さなお堂や道端のお地蔵様がよく目に留まります。
→続きを読む

 ウグイス

ホー、ホケキョ、ケキョケキョ。
と鳴くのがウグイスですが、
→続きを読む

 舟唄

最上川下りといえば急な流れと山の景観。
春から秋にかけては緑のなか、所どころから流れ落ちる滝に目をうばわれ、
左右に渦巻く流れは自然の荒々しさを感じさせて飽きることがありません。
→続きを読む

 黒の舟唄

「男と女のあいだには 深くて暗い川がある 
誰も渡れぬ川なれど えんやこら今夜も舟を漕ぐ」という歌詞(作詞:野坂昭如)なんですが、
→続きを読む

 渋谷ジァンジァン

ジァンジァンは区役所通り(今の公園通り)の教会の地下にあった、
客席数150位の、本当に小さなライブハウスでしたが、
→続きを読む

 地蔵巻

地蔵巻っていっても海苔巻の一種や書物の名前じゃありませんよ。
最上川の本合海(もとあいかい)という場所にある、最上川屈指の名所であり難所です。 →続きを読む

 これって…

三川町ジ○スコの近くにある看板です。

ここから48qって言われても…。本当に48qあるのかなぁ?

→続きを読む

 風車

庄内でも立川は風が強い(清川だしと呼ばれる)ことで知られ、

稲が倒れてしまうなど住人は対策に頭を悩ませてきました。

→続きを読む

 半鐘

半鐘って判りますか?

田舎でところどころに立っている、一番上に30センチ位の鐘がある

高さ10メートル程の鉄塔です。

 

→続きを読む

 脛

どうも男の脛は見たくありません。

短パンだの甚ベエから出ている足が毛むくじゃらだったり、異様に太かったり、

逆に細くて貧相だったりと、ロクなもんじゃありません。

 

→続きを読む

 蛇

蛇はちょっと苦手。

カミさんもそうです。

でも蛇でもトカゲでも爬虫類はなんでも大丈夫!っていう人もいるんですねぇ。

 

→続きを読む

 木

昔から大木には神が宿るといいます。

巨大な木には注連縄が張ってあることが多いです。

 

→続きを読む

 ヒグラシ

夕暮れになるとヒグラシか「カナカナカナ…」と鳴き始めます。

地蔵村に来るまでは夏の終わりに鳴くセミという思いがあったのですが、

夏の初めでも夕方になると鳴くんですね。

 

→続きを読む

 田舎

実家、って言った方がいいかもしれないですね。

僕の実家は川崎ですし、両親の実家は栃木の那須地方。

 

→続きを読む

 温泉

いっぺんに100人以上も入れるようなでっかい温泉(湯船)は

青森の古牧温泉とか千人風呂の酸ケ湯温泉とかいくつもありますよね。

 

→続きを読む

 カラオケ

週に3〜4回、午前中に義母を病院へ送っていくのですが、

病院の近くにカラオケの店舗があります。

 

→続きを読む