最近の葬祭事情も様変わりしてきました


最近の傾向として、「私らしい」最期を望まれる方が増えてきました。 景気の影響もありますが、従来の型通りのお葬式ではなく、密葬や、家族葬、おくる会・偲ぶ会、音楽葬など、また、お墓の形も合祀墓、協同墓、散骨、手元供養など、様々な形が増えて来ています。

これは亡くなる方が長寿になったことで、弔問にいらっしゃる方が減り、親戚付き合いも限られた人だけになり、建前や見栄を張らなくても良くなったこともあるようです。また、生前から「自分らしい」最期を考える事がタブーとされなくなった事で、選択肢が増え、とても自由になっているのです。

どう生きるか、どう死ぬかを考え、自分なりの死生観を見つめ直せる時代は、豊かな証でもあるのでしょう。